ボーイング787をはじめとする旅客機や、練習機等の防衛省向け航空機の最先端開発を手がけている株式会社SUBARU航空宇宙カンパニー。この開発力の源泉であり、業務の根幹を担うITの整備・運用を、FATEC情報システム部が請け負って推進しています。
メジャーなハード・ソフトの導入から、必要に応じた内作ソフトの整備まで、広範な事業展開はFATECならではです。

情報システム部の様子

主な請負業務

  • 航空機開発・生産に関わる情報システムの整備計画、機器導入・保守
  • 航空機開発・生産に関わる情報システムの各種ソフトウェア整備
  • コンピュータ支援設計(CAD:computer aided design)等の技術情報システムの整備・維持
  • 人事管理・経理等のシステム整備・維持
  • イントラネットの整備・運用

FATEC情報システム部の強み

  • 現代の航空機生産は、設計情報・手配・製造・日程情報などが実に複雑に絡み合いながら動いており、
    この巨大なデータに一貫性を持たせた効率的な生産システムが成長を続けています。
    FATECは、このインテグレート力を有している数少ない会社と自負しています。
  • ユーザとの密接なコミュニケーションを大事にして、株式会社SUBARU航空宇宙カンパニーから請け負った
    システムのライフサイクルに責任を持った事業を展開しています。

情報システム部の仕事の一例

FATEC製作の
システムのインターフェイス

事務所のサーバールーム